1. TOP
  2. 【日本の道百選】中山道と北陸を結ぶ北国街道の宿駅「海野宿」(長野県東御市うんのじゅく)

【日本の道百選】中山道と北陸を結ぶ北国街道の宿駅「海野宿」(長野県東御市うんのじゅく)

 2017/05/16 ロケ地・舞台・聖地 東信地方 東御市 食べる
この記事は約 6 分で読めます。 444 Views

長野県の東に位置し、上田城や別所温泉が近くにある海野宿(うんのじゅく)、江戸時代に北国街道の宿場町として賑わい、現在も旅籠屋造りや茅葺の建物が多く残っています。日本の道百選にも選ばれた美しい街並みは約650mの距離があり、格子戸のある古い家々を見て歩きながら江戸時代の宿場町をしのぶ事が出来ます。

今回は海野宿の魅力と、海野宿内でゆったりとくつろげる レトロでお洒落なカフェや、ランチが美味しいお食事所をご紹介します。

江戸時代の宿場町、海野宿を歩く

中山道と北陸道を結ぶ街道として、かつて多くの人々に利用されていた海野宿。商人や大名の参勤交代、長野の善光寺に向かう参拝客などで非常に賑わっていました。旅のお供の馬が、水を飲むためにあった用水路が今でも海野宿を流れています。

家の屋根が飛び出しているのが見えますが、これは「うだつ」といいます。防火壁としてつけられたのだそうですが、当時うだつを付けるには費用がかかり、ついている家は裕福で、ついていない家は生活が良くない、という事から「うだつが上がらない」という言葉の語源になったのだそうです。

海野宿は何度訪れても心が和むゆったりとした空気が流れています。格子戸の家並みを見ていると、癒されませんか?

鍵屋さんです。江戸時代のちょんまげの人が出て来そうですよね。

海野宿を案内してくれるガイドさんがいます。

*ガイド一人につき30~40名までのご案内 1時間程で¥2,000

赤いポストがまたレトロで良い味だしてます。

服屋さんもあります。ふくや、の文字が何とも良い感じ。昔は着物を売っていたのかもしれませんね。

海野宿を歩く距離は軽い散歩に丁度良い位です。歩行者だけではなく車両も通りますので気を付けて下さいね。30分程ぶらぶらと歩いたので、ちょっと休憩したいと思います。

ソフトクリームが絶品 カフェうんのわ

海野宿を歩いていくと、ちょうど真ん中あたりにカフェが数件あります。

まずはこちら【うんのわ】です。のれんをくぐって進むとカフェになっています。ソフトクリームを買って、2階のお座敷、もしくは外のテーブルで食べる事が出来ます。飲み物も、珈琲、紅茶など数種類ありました。

ソフトクリームはミルク味とワイン味、ミックスがあります。ワイン味って珍しいですよね。今回はミルクにしましたが、長野県産乳のこってりと濃いミルクの味がとっても美味しかったです。

次回はワイン味に是非トライしてみます。

中庭に置かれたテーブルでコーヒーを召し上がるのもお勧めです。

【うんのわ】はレストランも併設していて、信州そばや、人気のあんみつも召し上がれます。また、こちらの古民家に1日2組限定で宿泊する事も出来るそうです。

詳しくはお問い合わせ下さい。

カフェ うんのわ情報

*所在地  長野県東御市本海野1013

*電話番号 0268-75-5331

*営業時間 10:00~16:00

*不定休

ガラス工房、ショップ、カフェ レトロなカフェ橙(だいだい)

こちらカフェ【橙 だいだい)】は、ガラス工房を兼ねたカフェ。1階はガラス小物のショップ、2階がカフェになっています。

色とりどりの可愛らしいガラス製品が、所せましと並んでいます。ランプやグラス、ネックレスや置物など、思わず欲しくなってしまいます。

階段を上がった2階は、何ともレトロな雰囲気のカフェです。テーブルには昔の炬燵が使われていて、それがまたお洒落。古民家らしい造りです。

珈琲は2種類、味わいと深入りが選べ、店主さんも言う通りとても美味しかったです。苦みは少なくスッキリとした味わい、香りが良い珈琲でした。

カフェの窓からは海野宿の家並みが見えます。格子戸の家を眺めながら飲む珈琲は格別でした。 ケーキなどもありますので美味しい珈琲と共にいかがですか?

ガラス工房&カフェ 橙

*所在地 長野県東御市本海野1071-3

*電話番号 0268-64-9847

*営業時間 10:00~17:00

*休日 ほぼ無し

静かにくつろげる 古本カフェ のらっぽ

次のカフェは【のらっぽ】です。古本がとにかく沢山並んでいて、珈琲を飲みながらそれらの本を読む事が出来ます。

店内はシックな内装で、海野宿の雰囲気を感じながら静かに過ごしたい方にお勧めです。

古本カフェ のらっぽ

*所在地 長野県東御市本海野1030

*電話番号 090-4161-3200

*営業時間 10:30~16:30

*定休日 火曜&水曜日 冬季は休業

ランチは信州蕎麦とおはぎ 福嶋屋

最後にご紹介するのがここ、お蕎麦とおはぎの【福嶋屋】です。

手打ちで二八の信州蕎麦は、こしが強くて食べがいがあります。大根おろしがピンク色で不思議でした。

おはぎは東御市名物のくるみの醤油ダレ、おろしの2種類があり、モチモチとした食感と、甘辛いたれがマッチして美味しかったです。

福嶋屋

*所在地 長野県東御市本海野1121

*電話番号 0268-62-0514

*営業時間 11:00~16:00

*定休日 毎週木曜日(12月~3月は不定休)

*専用駐車場あり

【海野宿の基本情報】

【車】

上信越自動車東部湯の丸ICから約10分

【電車】

上越新幹線上田駅下車、しなの鉄道で大屋駅下車、徒歩20分

【お問い合わせ】

長野県東御市観光協会 長野県東御市田中279 0268-62-770

【地図】

ストリートビューでみる

【駐車場、トイレ情報     】

*第1~第3駐車場 があります。無料

*各駐車場に綺麗なトイレがあります。

【まとめ】

通常観光客の方はあまり多くありません。生活道路としても使われている海野宿の通りですので、気を付けて観光されて欲しいと思います。空いている分ゆっくりと歴史ある家々をご覧になれますし、静かな江戸情緒を楽しめます。

最近はお洒落なカフェが増えてきましたのでそちらも楽しめると思いますが、ランチを食べれるお店が少ないです。 お時間があれば少し脚を伸ばして、周辺エリアでの食事も良いかと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

We love 長野の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

We love 長野の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Yumie

Yumie

生まれも育ちも信州上田の2児の母。外国人夫と家族4人で暮らしています。
長野の大自然が大好き。おやきと野沢菜の漬物がないと生きていけません。信州の魅力をめいいっぱい、お伝えしたいと思ってます。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 真田氏歴史館も楽しめる!上田城と関わりの深い御屋敷公園つつじ祭り(長野県上田市)

  • 【日本の道百選】中山道と北陸を結ぶ北国街道の宿駅「海野宿」(長野県東御市うんのじゅく)

  • クックパッドで人気!じゃがいものおやきは簡単に作れて子供から大人までが好きな味!作り方・レシピあり

  • 作り方は超簡単!長野の名物料理「おやき」を実際に作ってみた!

関連記事

  • クックパッドで人気!じゃがいものおやきは簡単に作れて子供から大人までが好きな味!作り方・レシピあり

  • 【抹茶体験】長野駅前で本格的な抹茶の作法や点て方を体験!(長野県長野市・数寄屋(すきや)内藤)

  • 【日本の桜名所100選】小諸城址懐古園(長野県小諸市)

  • 【長野の観光で体験!】そば・おやき・抹茶体験ができるお店

  • 【おやき作り体験】善光寺にあるおやきの名店「信州小川の庄」おやき村長野分村大門店で体験(長野県長野市)

  • NHK大河ドラマ「真田丸」で登場!桜の名所・松代城跡(海津城)(長野県長野市松代町)