1. TOP
  2. 長野の観光名所「善光寺」から車で約30分!戸隠そば博物館「とんくるりん」でそば打ち体験!(長野県戸隠)

長野の観光名所「善光寺」から車で約30分!戸隠そば博物館「とんくるりん」でそば打ち体験!(長野県戸隠)

 2017/05/09 体験 北信地方 戸隠 遊ぶ 食べる
この記事は約 7 分で読めます。 274 Views

「信州の名産」と言えば「そば」を思い浮かべる方が多いのでは?そして長野県で「そば」と言ったら「戸隠そば」ではないでしょうか。戸隠そばは、岩手県のわんこそば、島根県の出雲そばと並び、日本三大そばの一つとして有名です。

戸隠そばの歴史も学べる「そば博物館 とんくるりん」さんのそば打ち道場でそば打ち体験をしてまいりました。

戸隠そば博物館 とんくるりん

浅川ループライン経由で戸隠バードラインを目指します。その名の通り、この道は鳥のさえずりがそこかしこに聞こえます。カーオーディオはきるか最小にして自然のBGMをお楽しみください。

戸隠バードラインのどこからが戸隠なのか、いまだにわかりませんが(笑)ひたすら道なりに進むとそば打ち道場の文字が見えてきます。道沿いに突如現れるのでわかりやすいです。この看板を見ると「戸隠に来た!」という感じがします。

そば打ち体験の料金・所要時間など

・内容:そば 4人前 そば打ち体験

・料金:ひと鉢 ¥3,240 + つゆ薬味代 ¥250/人

<料金例> 今回、2人で参加したので

鉢代 ¥3,240 + つゆ薬味代 ¥250 ×2人 = ¥3,740

ひと鉢、最大4人で作ります。

・持ち物:なし(エプロン無料貸出あり)

・所要時間:1時間 + お食事時間

・そば打ち体験開始時間:10時・11時・12時・13時・14時・15時・16時

混雑していなければ予約なしで受付していただけますが、混雑時、15名以上の場合は要予約、行く前に問い合わせると安心ですね。

そば打ち道場へいざ入門!

朝一の10時に入門!さっそく道場へ。道場の入り口には鉢や包丁等が展示されていました。そば打ち道具の販売もしております。

道場へ入りましたら、まずはエプロン着用と手洗いです。戸隠の水は冷たい!

準備が整いましたら、いざそば打ち体験スタート。

まずは道具の説明からです。写真はこね鉢とめん棒とのし板です。黒い四角いものははトレーです。切ったそばを乗せます。包丁はトレーの下にあります。

そば打ち体験開始!

今回はそば粉7:つなぎ(強力粉)3の七割そばを作ります。そばは十割だ、二八(ニハチ)だとよく耳にしますが、つなぎとの割合のことを言います。つなぎが多いということは生地がまとまりやすく、初心者には作りやすい割合のようです。そば粉をこね鉢にいれ、熱湯をぐるぐると回し入れながら全体にいきわたるように素早くかき混ぜます。思っている以上に素早くです。早すぎて写真もぶれます(笑)

そば粉とつなぎを混ぜる

次につなぎをいれて、そば粉と良く混ざるようにさらに素早く混ぜます。とにかく混ぜます。

よく混ざったら、先生がひと塊にまとめてくれます。次は、まとまった塊をこねていくという作業です。

このこねこそがその後の麺のコシを左右します。

こからは体力勝負です。「イチ、ニ、サン、シ・・・・・・・」と掛け声を呟きながら黙々とこねます。150回程こねるそうなのですが、夢中になりすぎて今が何回なのかもうわかりません。表面がつるりとしたら終了です。

こね終了です。これがつるりとした表面です。最後は先生にまとめて頂きました。美しい!

こねたそば粉を伸ばす

いきなり伸ばせないので・・・・先生がある程度まで伸ばしてくれます。なんとも手際が良いです。

なんとなく生地が平らになったら、「はい やってみて」とめん棒をバトンタッチされます。

なかなか丸く広がってくれないのですが、先生が「ここを伸ばしてみて」とか「こっちをこう向けて」などなど。丁寧に教えてくれます。

この段階ではまだまだ生地は厚みがあります。大きさものし板の半分にも及びません。広がれ~広がれ~と呪文のように呟きながら、めん棒と生地をせっせと動かしていきます。

そして先生の指導のもと、なんとか伸ばし終了です。

あの丸くてつるりとした塊がこんなに平たく大きくなりました。

職人技!切っていきます

伸ばし終えたら、いよいよ切ります!伸びた生地は薄く繊細なので先生にたたんでもらいした。

1人前づつ切っていきます。初めの一人前は先生が。「はい、次やってみて」

トンッ、まっすぐ包丁をおとす!包丁を板の方に少し寝かせてずらして、またトンッ。そしてずらす。なかなか難しい・・・・。

左が先生のそば。右が我らのそば。

これはきし麺か?そして不揃い!笑。なかなか均等には切れませんね・・・・。

端はそのままで良いそうです。一緒にゆでて食べます。そば屋では切れ端を食べるということはないので、そば打ち体験ならではですね。

それにしても、先生の切ったそばと我らの切ったそばは・・・比べるのもおこがましい・・・。

4人前すべて切ったらあとはゆでるだけです。ゆではお店の調理場で行って頂けるので、出来上がるのを待つだけです。2人で行ったので、残りの2人前は持ち帰ることにしました。持ち帰る際の注意点!「さしみだと思って持ち帰ってね」と先生に言われました。そばは鮮度が命です。

いざ実食!打ち立てをすぐに食べられます

出来上がったそばは、そば打ち道場の隣のお食事スペースで頂くことできます

最初の一口目はお塩で頂きます。そばの味が引き立ち、塩で食べるのおいしい!はまりそうです。打ちたてのそばがこんなにおいしいなんて感動です!

どんなにおいしいそばでも打ち立てにはかなわないと先生もおっしゃっていました。自分の手で打ったそばなので余計においしく感じます。

傍らには長野ではおなじみの八幡屋礒五郎の七味唐辛子。とんくるりんの名前入りです。

お土産品も購入できます

入り口にはお土産も販売されております。打ち立てそばは日持ちしませんが、土産品の生そばや乾麵でも十分に戸隠そばのおいしさを堪能できます。ご家族やお友達に、戸隠そばのお土産はいかがでしょうか。

そば打ち体験まとめ

混ぜる、こねる、伸ばす、切る。この4工程だけなのですがそば打ちの奥深さを体験できました。そして想像以上にそば打ちには体力を使うこともわかりました。そば打ちは大変ということを身をもって体験することができました。

長野県民には身近なそばですが、自分でそばを打つということをやったことのある人は少ないのではないでしょうか。先生も丁寧に教えてくれますし、今回教わった先生は一人でしたが、ほかの先生方もたくさん話しかけて頂きとても楽しいそば打ち体験でした。グループで行うのでみんなでワイワイできるのも楽しいと思います。そば好きなら一度は体験してみてください!

そば打ち体験の口コミ・感想

夫婦二人で初のそばうち体験でしたが、最初から最後まで丁寧に教えていただき楽しかったです。そば粉をこねてる所など手が汚れていても写真を撮ってくれたりしてくれ助かりました。打った後のそばは最高に美味しいです。
GW明けで空いていました。手打ちそばの体験を初めてやりましたが、思っていたよりも難しく良い体験が出来きました!お蕎麦も美味しく頂けて、楽しめたので良かったです!
蕎麦打ちなんてしたことがなくてドキドキでしたが、丁寧に教えていただきました。蕎麦を切るのは簡単そうですが職人技です、自分で切ると太さもバラバラで難しかったですが美味しかったです。おすすめ

戸隠そば博物館 とんくるりんへの問合せ・アクセス

【住所】

〒380-4101長野県長野市戸隠3018

【電話番号】

TEL:026-254-3773   FAX:026-254-3779

【営業時間・定休日】

9:00~17:00   第三水曜日定休

【公式HP】

http://www.togakushi-tq.jp/index.htm

【車】

長野駅から約40分

【バス】

長野駅から「戸隠中社行き」アルピコバスで約1時間

【駐車場】

普通乗用車 60台/大型バス 5台/車いす専用駐車場 1台

【地図】

【ストリートビュー】

\ SNSでシェアしよう! /

We love 長野の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

We love 長野の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

48

48

運転が好きで、とにかく遠くに出掛けたい!
最近改めて、長野県て広いんだなぁ〜っと感じます。
愛車を相棒に、長野県の四季を楽しみます♪

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【スーパー銭湯】天然掛け流し川中島温泉テルメドーム!岩盤浴にお食事処、ボディケアで日帰りリフレッシュ(長野県長野市川中島)

  • 長野の観光名所「善光寺」から車で約30分!戸隠そば博物館「とんくるりん」でそば打ち体験!(長野県戸隠)

関連記事

  • 家族連れに大人気。自然が満喫できる桜の名所「アルプス公園」(長野県松本市)

  • 【栗の木テラス】小布施で有名な栗菓子の老舗「桜井甘精堂」が手掛けるカフェ(長野県小布施町)

  • 【期間限定】小布施に行くなら食べるべき!信州・小布施堂の栗菓子「朱雀」(長野県小布施町)

  • B級グルメ・郷土食「五平餅を作ってみた!」(長野県飯田市)

  • 子供が遊べる公園・戸倉宿キティパークの桜・お花見(長野県千曲市・とぐらじゅくキティパーク)

  • 【小布施堂えんとつ】小布施を代表する栗スイーツ「モンブラン朱雀」(長野県小布施町)